火要鎮


いよいよ大友克洋監督の『火要鎮』(ひのようじん)が「札幌シネマフロンティア」で上映されます。江戸の大火を舞台にした短編アニメーションで、日本らしさが画面一杯につまった作品です。とても期待しています。今回は4人のクリエイターが描くオムニバス形式のアニメ映画『SHORT PEACE』(ショート・ピース)としての上映になります。『火要鎮』の他に、森田修平監督の『九十九』(つくも)、安藤裕章監督の『GAMBO』(がんぼ)、カトキハジメ監督の『武器よさらば』で構成されています。いずれも日本をテーマにしているのがいい。
by manabinomori | 2013-07-19 11:56 | 授業 アニメーション論
<< カラフル Singalong Junk >>