努力や向上心が作品のクオリティを上げる
b0108779_11511384.jpg
昨日の授業「入門ゼミ」の様子です。1年生は「デジタル表現A」の授業がスタートしたこともあり、Photoshop や Illustrator がそこそこ使えるようになってきました。その成果として、自分の感性を生かした優れた作品を作れるようになりました。例えば、知里さんや光希君の作品はこだわりに満ちた労作で、配色やレイアウトにも美しさがあります。努力や向上心が作品のクオリティを上げています。今回の取り組みは、3年生になってから必要とされるポートフォリオの導入でもあり、自分をみつめながらそのプロフィールを作成しています。お互いに刺激し合いながら高め合っていることを感じます。教員としてこんなに嬉しいことはありません。
by manabinomori | 2014-11-06 11:51 | デ文 デザイン入門 | Comments(0)
<< 絶望感 個展のDMをどう作るか >>