作品や研究を見せるものへ
b0108779_12154248.jpg
YouTubeに「デザイン」「大学」「札幌」と入力して検索してみました。結果は、1位から3位までが札幌市立大学で、卒業制作展やシャッターイベントの映像です。4・5位は札幌大谷大学で、美術学科の紹介です。そして6位に東海大学国際文化学部デザイン文化学科の「でぶんチャンネル」が登場しました。これは「東海大学でデザインを体験しよう!」のために制作しもので、涼君がパーソナリティを担当しています。作品を見せる市立大と、教員が語る大谷大に対して、デ文の映像は学生が主役という特徴があります。先日のオープンキャンパスに来られた高校生から「でぶんチャンネル」の映像はほとんど見ましたというコメントをいただきました。それなりに高校生は見ているようです。昨年のように毎日配信することは無理ですが、新年度は、月に何回か、学生が主役でありながらも「作品」や「研究」を見せるものへと進化させたいと思っています。
by manabinomori | 2015-03-18 12:17 | 企画 でぶんチャンネル
<< ブラック・ダイアモンド 松田奈那子個展「うたう うたう... >>