卒業研究
b0108779_11460973.jpeg
卒業研究は4年間の集大成です。私のゼミに所属している新4年生は5人で、イラストや写真による表現を得意とする学生が中心です。4月の課題は具体的なテーマを決めることです。ある程度の方向性は決まっているとしても、それをどのように表現するのかということを明確にしなければなりません。例えば、現代社会の課題を掘りさげ、それを自分の持ち味である「イラスト」をつかって表現するとします。では、その表現媒体としては何が適切であり、どのように取り組み、表現するのかということを考えなければならないのです。それは、例えば、ポスターの連作を20枚作って訴えることも可能でしょうし、今日的なメディアを使った表現も可能でしょう。一方で、これまでにない表現方法の研究ということだってできます。純粋にそのテーマに沿ってタイポグラフィを極めることだって可能でしょう。それは無限大なのです。学生にとってはやりがいがあり、そこに卒業研究の醍醐味があります。彼らの活躍を期待したいと思います。
by manabinomori | 2015-03-27 11:49 | 石塚耕一ゼミ
<< 幣舞橋 日本の大学生代表として感動して... >>