<   2010年 07月 ( 98 )   > この月の画像一覧
夷酋烈像『ツキノエ』
夷酋烈像12点の中で、威風堂々としていて印象に強く残るのがツキノエです。道廣が波響に命じた12名の肖像画のシンボルのような存在と言えるでしょう。そもそも国後(クナシリ)の総部酋長だったツキノエはアイヌの英雄であり、部下五百人、優れた統制力を持っていたとされています。ロシア人とも交流し、この時は70歳になっていました。大きな体をさらに大きく見せるロシア製のマントと靴、そして蝦夷錦を着ています。クナシリ・メナシの戦いの鎮圧に協力したアイヌの酋長達は、松前藩に呼ばれ凱旋パレードに参加させられます。そのときに着せられたのが蝦夷錦です。彼らは最大級の処遇を与えられたのです。これこそが、松前藩が徳川幕府の不信感を打破する方策だったのです。夷酋烈像はそのような中で描かれたのです。しかしツキノエは高齢のためパレードには参加していません。つまり松前には来なかったのです。したがって蠣崎波響はツキノエをイメージして描いたことになります。
b0108779_2155156.jpg
夷酋烈像『ツキノエ』(1790 寛政2年/ブザンソン美術館蔵)
屈捺失律總部酋長 貲吉諾謁

この絵が描かれた1790年には、先日掲載した伊藤若冲が『西福寺群鶏図襖絵』『鶏図障壁画』を描いています。写楽や北斎が登場する前の時代で、円山応挙や勝川春章が活躍していました。そう考えると『夷酋烈像』がいかに異質な作品であるかがわかります。西洋ではゴヤの『裸のマハ』『着衣のマハ』の誕生が1798-1805年といわれていますので、近代美術が始まる以前に、松前(日本)ではすでに内面に迫る人物画が誕生していたことになります。波響は日本美術史の中ではほとんど評価されていません。しかしあらためて世界の美術史を見直してみると、『夷酋烈像』には、他にはない個性、写実性、そして装飾的な美しさがあったことがわかります。このことは、いまこそ再評価されるべきものだと思います。
b0108779_220381.jpg
波響は構図や形にこだわる画人でした。したがってツキノエについても何度も考察されていたことが粉本から推測できます。マントと蝦夷錦のバランスにまで配慮しているように思えます。すでにこの時点で全体の構成ができあがっていたのです。
b0108779_2204985.jpg
この作品の最大の魅力は、ツキノエのリーダーとしての威厳が描き出されていることにあります。それを象徴するのが髭であり、堂々とした表情にあります。1本1本丁寧に描かれた髪の毛や髭は作品のリアリティを高めていますし、デフォルメによってたくましく見せています。巧妙に練られた作品でもあります。
b0108779_22102.jpg
もう一つのポイントは蝦夷錦の朱色とマントの黒色です。そのコントラストが画面を引き締めます。補色の緑も視覚的に使われています。指や爪には明暗がつけられ、洋画に近い立体感を出しています。
b0108779_221112.jpg
蝦夷錦は細部に至るまで丁寧に描かれています。A3サイズの小さな作品であるにもかかわらず、それを大きく見せているのは、この描写力と巧妙なデフォルメなのです。それが強烈な存在感をつくりだしているのです。
by manabinomori | 2010-07-31 22:02 | 解説 夷酋烈像 | Comments(2)
三つの『イコトイ』
b0108779_10241884.jpg
図録「蠣崎波響とその時代」には、貴重な資料が掲載されています。特に『日曜美術館』の中でも紹介されていた『イコトイ』の部分比較は興味深いものです。
b0108779_10243042.jpg
左から「函館本」、「ブザンソン本」、「小島貞喜模本」です。私のように絵を描く立場から言えば、この絵は別人によるそれぞれの模写のように思えてしまいます。小島貞喜が「函館本」を模写しているこはわかりますが、どれが原本であるかは難しいところです。

一般的に、波響は松前で『夷酋烈像』を完成させ、京都で臨写したと言われています。波響のように正確な描写力とスタイルを持っているのであれば、この作品における目の描写の違いは謎です。なぜなら、人物画において目は重要なポイントであり、そこには作者の思いがこめられるからです。もし2点とも波響の作品であるとしたら、「ブザンソン本」が先にあり、京都で細部の完成度を上げながら精査していった「函館本」を描いたということが考えられます。そこには、技術的な、あるいは精神的な余裕も感じられます。しかし全体としては「ブザンソン本」の方が存在感があるのもまた事実です。

確かなことは、模写は原本に忠実でなければならないということです。「小島貞喜模本」にはそのことが感じられます。しかし作者が自分の作品を臨写をする場合は、原本に忠実である必要はないのです。新たな技術や感性を加えて描き直すことができるのです。それは作者だからこそできる特権でもあります。そう考えると、波響は松前で「ブザンソン本」を描き、京都でそれを進化させた「函館本」を描いたということが言えるのではないでしょうか。そして小島貞喜が「函館本」をさらに洗練させていったのです。
by manabinomori | 2010-07-31 10:26 | 解説 夷酋烈像 | Comments(2)
放送終了…
b0108779_2249268.jpg
「書道女子×ロック女子 LIVE at 函館美術館」の放送が終了しました。ライブでは紹介された松前高校がテレビではカットされたのが残念です。でも、松山女子高校書道部の生き生きとした姿が描き出されていてよかったですね。書も素晴らしい。
by manabinomori | 2010-07-30 22:57 | 松前高 書道教育 | Comments(0)
準備
b0108779_21591842.jpg
今日はサッカー部の練習終了後、翔平君と賢也君に集まっていただき、フランス派遣に向けての進捗状況と今後の取り組みについて確認しました。夏休み期間中は時間が取りやすいので、この期間にプレゼンテーションの準備やフランス語の学習が進むことを願っています。
b0108779_21592945.jpg
プレゼンテーションの準備をしているところです。どのような内容になるのか楽しみです。
by manabinomori | 2010-07-30 21:59 | 松前高 国際教育 | Comments(0)
部活動
b0108779_12483882.jpg
今日も校内は部活動と講習で活気があります。生き生きしています。
b0108779_12484541.jpg
体育館の流し台を清掃したり、雑巾などを洗っている生徒がいました。「おっ、えらいね」と言うと、「足をケガして練習できませんので頑張ってます」とのことでした。立派です。
b0108779_12485151.jpg
サッカー部はグラウンドが水浸しなので体育館で室内サッカーです。8月27日からは全国高等学校サッカー選手権大会が始まりますので気合いが入っています。写真に見えるのはバドミントン部だけですが…。どの部活もいい感じです。
by manabinomori | 2010-07-30 12:59 | 松前高 | Comments(0)
書道女子×ロック女子 LIVE at 函館美術館
b0108779_11101955.jpg
今夜、NHKの北海道プラスにて「書道女子×ロック女子 LIVE at 函館美術館」が放送されます!天満谷教諭の素敵な書が登場します。松前高校の写真も登場するかも知れません。ぜひご覧になって下さい。
NHK総合・札幌/7月30日 (金) 22:00 ~ 22:45 (45分)

<以下は番組の解説から>
女子のパワーが炸裂する、元気いっぱいのライブをお送りする。書道日本一の女子高生チームが繰り広げるド派手な書道パフォーマンスと、今注目のガールズロックバンドのコラボレーション。大きな書が、音楽とダンスに合わせて完成していく様子はまさに圧巻。書道とロックがひとつになるとき、ステージは新たなアート空間になる。函館で激突した書道女子とロック女子の熱いバトルに密着する。
by manabinomori | 2010-07-30 11:14 | 松前高 書道教育 | Comments(0)
野幌森林公園
b0108779_1912156.jpg
b0108779_1913159.jpg
b0108779_1914152.jpg
b0108779_191493.jpg
b0108779_1915890.jpg
b0108779_192670.jpg
b0108779_1921472.jpg
Sony DSC-R1 Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24-120mm
27日に野幌森林公園を散策しブログに掲載しました。調べてみると、ここを訪問したのは2006年の5月4日以来でした。その時にSony DSC-R1にて撮影した写真がありますので、その中からピックアップして掲載しました。札幌近郊にこのように高大な原始林が残されているのは北海道らしいところであり、財産と言ってもいいでしょう。天候の影響もありますが、カメラが変わると写真の雰囲気も変わります。
by manabinomori | 2010-07-29 21:26 | 地域 北海道の文化と自然 | Comments(0)
大雨
b0108779_17510100.jpg
朝早くから校庭には吹奏楽部の音が聞こえます。コンクールが終わってすぐに練習を再開していることに嬉しくなりました。努力は次へとつながります。頑張って下さい。さて、今日は夏季休業3日目になりますが、講習や部活動にと、それぞれ頑張っていました。校内を巡回すると、みんな元気に挨拶してくれます。講習中の教室からも挨拶してくれます。挨拶は気持ちがいいですね。松高のよさでもあります。
b0108779_17511176.jpg
帰宅途中に撮影したものです。いつもは穏やかな松前の海も大荒れです。白神岬も見えません。大雨のため、赤神が通行禁止になり、生徒を帰宅させるのに苦慮しました。また、不明になった小型機も発見されていません。早く青空がもどってきて欲しいと願うばかりです。
by manabinomori | 2010-07-29 21:23 | 松前高 | Comments(0)
DMC-LX3とNEX-5D
b0108779_21152953.jpg
明日、パナソニックは「DMC-LX3」の後継機種である「DMC-LX5」を発表することでしょう。コンパクトカメラ好きの私にとっては気になります。LX3もそうでしたが、このカメラの最大の魅力はLeica DC Vario-Summicron(バリオズミクロン)レンズです。今回は35mm換算で24-90mm(F2-3.3)と望遠側が拡大されています。デザイン的にはLeicaブランドとの差がないように配慮されています。これは嬉しいですね。できれば赤色の文字やLのマークも取って欲しかったですね。グリップ部も少し改良され、GR DIGITALに負けないものになったと思います。AVCHD Liteによる動画撮影にも対応し、新開発のCCDにはマイクロレンズが搭載されています。外付けEVFの装着も可能になりました。見た目はLX3と大きな違いはありませんが、細部を丁寧に改良したという印象で好感が持てます。Leica側からの要請もあったのでしょう。1/1.63型のCCDと24-90mmのLeicaレンズを搭載しているのが魅力です。いいカメラをつくりました。
b0108779_21155684.jpg
一眼レフに分類されるSony NEX-5Dも気になるカメラです。一眼レフに使用されているAPS-Cサイズの大型センサーを使いながらコンパクト機並の大きさにまとめています。小型で画質にこだわるならこの機種です。機能も豊富です。しかしAPS-Cサイズのセンサーを使ったが故に、レンズが大きく、デザイン的には苦しいですね。とても美しいとはいえません。特徴としては「Exmor(エクスモア) 」 APS HD CMOSセンサーと画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」により、これまでの一眼レフにない機能が搭載されています。このセンサーは夜の撮影にも威力を発揮します。したがってフラッシュがありません!チルト可動式液晶モニターも魅力です。一度これに慣れると手放せません。フルハイビジョン(AVCHD、1920×1080)動画撮影機能、そして別売りのステレオマイクが装着可能なのはありがたい。もうビデオカメラはいらないというわけです。ソニーのコンパクト機で好評のスイングパノラマも使用できます。残念なのはレンズの色です。ブラックにして欲しかったですね。24mmからのズームもあれば最高でした。とはいうもののそのチャレンジ精神に拍手です。
by manabinomori | 2010-07-29 21:18 | 雑感 | Comments(0)
フランス派遣について
b0108779_22475716.jpg
フランスへの派遣が近づいてました。本校にとっては初めてのことであり、これからの交流にも影響を与えますので、プレッシャーと緊張感があります。今回の訪問はただフランスに行くというものではありません。東西の豊かな文化を誇る国同士の交流です。そこには、グロード神父がおっしゃったようにお互いにとって有益な文化の交流がなくてはなりません。同時に、今回は教育の交流という視点も加わります。したがって、日本と松前の文化を紹介するとともに日本の教育も紹介するのです。

「フランスという国は一度ノックしただけでは開けてくれない、最低三回はノックしなければならない」というようなことを聞いたことがあります。しかし「扉を開けていただくと、家族のように親密なおつきあいができる」ともお聞きしました。私たちは幸いなことに、一度のノックで扉を開けていただくことができました。これは、多くの皆様のお力添えがあってのことです。心より感謝申し上げます。

短期間ですがパリにも滞在します。定番であるルーブル美術館、ノートルダム寺院、エッフェル塔などを訪問する予定です。生徒はきっとカルチャーショックを受けることでしょう。しかし、大切なことは、ブザンソンでの5日間をいかに有意義に過ごすかということです。生徒の発表はもちろんですが、ルイ・パスツール高校での交流は大きな意味を持ちます。書道パフォーマンスも予定していますし、授業も受けさせていただく予定です。まだ確定はしていませんが、他校の視察もさせていただく予定です。フランスの教育を研究するとともに、その優れている部分は、松前高校の教育に取り入れたいと考えています。もちろんブザンソン美術館で蠣崎波響の『夷酋列像』と対面することが目的の一つであることは言うまでもありません。フランスの中にある日本文化も観察してきます。

写真はストックホルムです。北欧の夏は昼が長く、写真のように夜になっても空は青いのです。フランスはどうなんでしょう?私がフランス行くのは約20年ぶりになります。ピカソのアパート『洗濯船』を探し出したことやモンマルトルに立ったことを思い出します。フランスにある高校との交流は全国でも珍しく、それだけに有意義な内容にしたいと思っています。このような機会を与えて下さった皆様の期待に応えられるように頑張ります。
by manabinomori | 2010-07-28 22:48 | 松前高 国際教育 | Comments(0)